駒大苫小牧と明徳義塾

8/24<水>
前回とは随分と違う話題になったもんだ。

先の甲子園で夏の大会2連覇という偉業を成し遂げた駒大苫小牧高校の野球部で暴力事件が発覚した。しかも野球部および高校側から高野連への直接の報告は無かったとのこと。

話は優勝の取り消しや秋季大会への出場問題へと発展しているとかいないとか。

どうでしょうねぇ。

ご存知の方も多いかと思いますが、今回の事件は野球部員の喫煙や暴行事件ではなく野球部の部長が部員である生徒に対して行ったことであり、すなわち学校(関係者)側の問題なんですよね。

つまり今回の事件は野球部の部員も被害者な訳で、そして事件は事件としてしっかり対応すれば済む話であり、彼らが成し遂げた優勝とは別問題だと思うのですが。

どうも学校側の態度・対応のしわ寄せが生徒たちに来ているような気がして。

この辺の区別は学校、高野連ともにしっかりとやってもらいたいものです。

円く収まるんじゃないかとは思ってますけどね。


さて、この話とは異なり、甲子園の大会前に発覚した明徳義塾高校の野球部内での暴行事件に見られる(?)ような『しごき』・『特訓』という名の下に行われるいわゆる暴力行為。
コチラのほうが問題というか複雑な気がしませんか。

「是か非か」というのはなかなか難しい問題ではないでしょうか。

暴力は確かに許されることではありません。私もダイッ嫌いです。当然部活動であっても許されるものではありません。
しかし…しかしなんですよ。 ( でも、ここで肯定するのもなんだかなぁ。でもそんなことを言ってると自分が学生だった頃のあの部活動の姿はどうなんだということになっちゃうし…。しょうがない面があると言うのもなぁ。)
『愛のムチ』というのは存在すると思うのですが。。。


でも暴力は本当に良くないですよ!私は物事を暴力で解決することに対しては

断固反対です!!


後半は文章も内容も目茶苦茶になってしまいました。結論も曖昧で…。

みなさんはどう思われますか?しつけや教育にも繋がってくると思うのですが。

それでは話はこの辺で。。。


でも、この問題を徹底すれば今年の甲子園の出場校はゼロだったりして。
[PR]

by suyak | 2005-08-24 21:06 | ホークス(野球)