何と言うか…

8/19<金>
コンタクトを着けたまま寝たために傷つけてしまった目もどうやら順調に回復しているようでひと安心なのだが、家族が集まった盆休みも一部の行事を除いてキャンセル状態で殆んど家でレンズを外して静養する日々であった(実は私は眼鏡で矯正できないほどの乱視でレンズを外すと全く見えないのである)。

この何にも出来ない状態ってのがとっても憂鬱で…見えないものだからアレコレ頭の中で考えてばかり…我ながらよくおかしな病気にならないものだと思う。

人生の選択というのは結構厳しく大変なものだが、その一方でいろいろなものが見えてきて分かってくる。見えてくるものは辛いことが多いが。

ある意味、生きていることを実感もするかな。ちょっと悲しいけど…。







プレッシャーや自らが負うべき責任、そしてここ数ヶ月我が身を覆っている自己嫌悪。

私にとってこれらから暫し自らを開放し、癒し、気持ちを少し前向きにさせてくれるものが各種スポーツ選手の活躍であり、映画の世界であり、読書や音楽鑑賞である。

そしてこのブログも心の叫びの場(やや大袈裟?言ってる本人が恥ずかしい(苦笑))として、気持ちの捌け口として機能しているようだ。

と言っても、ここで全てを吐き出せている訳ではないが、ここに書くことで自分を、もしかすると辛うじて、維持できているのかもしれない。

これからもずっと書き綴っていければいいのだが…。


夏ももう終盤だが湿っぽいまま終わりそうだ。。。

ハッピー“バルサ”
[PR]

by suyak | 2005-08-19 22:49 | ひとりごと