衆院解散

8/8<月>
決して政治に詳しい訳ではないが、おかしくないか?

かの郵政法案が参議院で否決されたため、何と衆議院を解散するという。

これが正しいやり方なのだろうか。解散によって、他の重要法案も廃案になるという。

小泉首相が郵政の民営化を公約として掲げ、推進していたことは理解している。しかし、彼は一国の首相であり、国益を考えて行動すべきことは言うまでも無い。
今回の行為はそれから逸脱してはいないだろうか。

国内外に多くの懸案事項を抱えているこの時期に、理解に苦しむ行動によって政治的空白を作り、政府としての継続性を断ち切る可能性を自ら作るというのは国益を考えた行動とは到底思えない。
このような行為は信念とは言えず、単に思考が停止しているだけである。

首相は国民に信を問うと言っているが、国民の真意は衆院の解散ではなく継続して審議することではないだろうか。

誰もが郵政の民営化自体に反対しているわけではないだろう。
求められているのは、現行の郵政事業をどのように効率の良いものに改革するのか、あるいは民営化するのかという代替案をきちんと示すことである。

そして問題なのは、郵政民営化法案に関する審議・採決に対する政府の態度や対応そのものなのだ。

つまり、誰が考えたってもっとマシな方法があるだろう!!ということなのだ。


かくして選挙は始まるのである。

税金いくら掛かるんだ!!
[PR]

by suyak | 2005-08-08 22:52 | 世の中のこと