クラシコ

10/24<火>
カペロ色
e0026989_20322930.jpgレアルマドリー 2-0 バルセロナ

伝統の一戦“クラシコ”はマドリーに軍配が上がりました。

カペロを監督に迎えたマドリーは明らかにプレーが変わっていました。

攻撃がスピーディーになりプレーにも意思の統一が感じられました。
また、守備もカンナバロ(※写真中央)に代表されるように積極性が見受けられ、攻撃との受け渡しがスムーズになっています。

この試合の結果勝ち点差は縮まったものの、順位はマドリーが4位でバルサは変わらず1位ではありますが、もうひとつ調子の上がらないロナウジーニョを見ているとバルサもうかうかしていられません。
[PR]

by suyak | 2006-10-24 00:35 | サッカー