キリンチャレンジカップ2006

10/4<水>
e0026989_2140294.jpg遠足気分のガーナなのに・・・
日本 0-1 ガーナ
後半、要所要所でギアとスピードを上げてきたガーナにサイドを突かれ、1点を献上した試合でした。

日本は交代した選手もそれなりに活躍し、オシム監督が目指すサッカーの雰囲気は感じられましたが、やはり最後の詰めが甘く、無理をしない“緩い”ガーナ相手に得点するには至りませんでした。

チームの成熟が待たれるところではありますが、全体的にパワー不足、小粒な感じは否めません。

サッカーが素直と言うか、怖さが感じられないんですね。

一時期に比べると、日本サッカーの成長のスピードが遅くなっている気がします。
[PR]

by suyak | 2006-10-04 21:29 | サッカー