切なる願い

3/24<金>
よ~く分かる
面白い記事を見つけたので、、、

■夕刊フジより(一部抜粋)
e0026989_1274961.jpg代表飛躍にはヒデをイチローに!“チーム愛”発揮熱望

 王ジャパン世界一の要因は、これまで哲学者ばりのストイックさを売りにしていたイチローの変貌(へんぼう)ぶりにあるだろう。そこで、ジーコジャパンでも、あの選手の『改造計画』が持ち上がっている。その選手とは、ジーコジャパンの王様こと中田英寿。「ヒデにもイチローになってほしい」というのが協会関係者の切なる願いだ。…




-コメント-
協会の気持ち、よ~~く分かりますね(笑)
おそらくジーコや他の代表の選手達もそう思っているのではないでしょうか。
しかし、どうでしょう。ヒデが今さらイチローのようにオープン人間臭く振舞えるでしょうか?

出来れば立派、大したものです。
そのときは間違いなくサッカー日本代表もドイツのみならず将来に向けて飛躍できるでしょう。
宮本や俊輔など、彼を支えてくれる選手達はいるわけですから、あとは彼次第です。
偉そうに言わせてもらえば、彼が大人になれるかどうかに掛かっているでしょう。

この記事ではイチローとヒデは(監督との関係も含めて)孤高の雰囲気やカリスマ性、メディアとの関係等において非常に似ていると書いているのですが、どう思われます?

私は、案外と違うのではないかと思っています。
メディア側の彼らに対する印象や我々一般市民が抱いている印象は。

彼が現在、ヨーロッパでいまひとつパッとしない原因のひとつには彼の周囲との接し方・付き合い方が挙げられるのではないかと思っています。大半はプロとしての能力が問題なのでしょうが、少なくとも遠因になっているのではないかと思うのです。


W杯は6月開幕です。
[PR]

by suyak | 2006-03-24 01:30 | サッカー