ドイツ遠征

2/23<木>
ボスニア・ヘルツェゴビナ戦
海外組8人を招集、ドイツ遠征メンバー
日本サッカー協会がドイツ遠征(2月25日~3月1日)の日本代表招集メンバー24名を発表しました。先のアメリカ遠征以後、昨日のインド戦までチームに帯同していた顔ぶれから、長谷部、佐藤、巻らの若手が外れ、中田英、中村、柳沢ら、いわゆる海外組8名が名を連ねています。




メンバーは以下の通り
<GK>
川口能活(磐田)、下田崇(広島)、都築龍太(浦和)
<DF>
田中誠(磐田)、宮本恒靖、加地亮(G大阪)、三都主アレサンドロ、坪井慶介(以上浦和)、中澤佑ニ(横浜)、中田浩二(FCバーゼル)、駒野友一(広島)、茂庭照幸(FC東京)
<MF>
福西崇史(磐田)、中田英寿(ボルトン)、中村俊輔(セルティック)、小笠原満男(鹿島)、稲本潤一(ウェストブロミッチ)、小野伸二(浦和)、遠藤保仁(G大阪)、松井大輔(ル・マン)
<FW>
久保竜彦(横浜)、柳沢敦(メッシーナ)、高原直泰(ハンブルガーSV)、大黒将志(グルノーブル)

ヨーロッパのメンバーを試したいのだろうから、しょうがないと言えばしょうがないのかもしれませんが、あまりにも当たり前過ぎるメンバーで面白みには欠けますね。一人くらい新戦力も連れてけよってカンジ。。。

キーパーを除けば、ほぼこのメンバーがジーコにとってのファーストチョイスなんでしょうね。
理解は出来ますが、この中だとやはりFWはまだまだ不安。そして左サイドのバックアップは?中田浩or 駒野?
この辺が懸案事項でしょうか。んっ?これまでと一緒か。。。
[PR]

by suyak | 2006-02-23 20:18 | サッカー