ヒデ、苦境に立つ

1/24<火>
移籍実らず!?
ボルトン・アラダイス監督、中田英に見切り発言
英ラジオBBCは23日、イングランドプレミアリーグ・ボルトンのアラダイス監督がMF中田英の完全移籍について「買い取ることはない。この前の退場でプレミアについていけていないと確信した」と話していると伝えた。中田英は14日のブラックバーン戦で警告2度でプロ初の退場を経験。レンタル元のセリエA・フィオレンティーナ幹部は昨年12月に「ボルトンから移籍金に見合う選手ではないと通達があった」としていたが、退場劇が同監督の気持ちを決定的にした可能性がある。【※サンスポより】

-コメント-
不遇が続いてますね。なかなか周囲が納得する、あるいは求めているプレー・結果が残せていません。
得点に結び付くプレーが少ないことが原因でしょう。




日本代表としてはまだまだ十分な活躍が期待できる選手なのですが、クラブレベルになるとあまり旨くいっていません。
躓きはパルマに移籍した辺りからでしょうか。

決して力が衰えているとは思いません。確かに20代前半に比べると、その後思ったほど伸びなかった印象はありますが。しかしそこは経験と頭脳でカバーしている気がします。
求められているものと彼の能力にギャップがあるのか、それともコミュニケーション不足やサッカー観の違いなのか。

彼は監督から全幅の信頼を寄せられたときには活躍しています。
彼が活躍したクラブは平塚、ペルージャ、ローマ。
小さなクラブで王様になるか、ビッグクラブで(自分の多少のミスを覆ってくれる有能な選手に囲まれながら)一選手として、または一つの駒としてプレーするのが良いのでしょうか。

かつて中田がペルージャで活躍していた頃、次の移籍先としてベンゲル監督が選手個々に対する負担が少ないからとの理由でビッグクラブを勧めていました。

んっ!ベンゲル!?


最後に、、、
中田よ、実際はどうなのか知らないが、もっと人としてオープンになれ!
殻を破るんだ!

心から復活を期す!!
[PR]

by suyak | 2006-01-24 22:48 | サッカー