難波の闘拳

11/26<土>
上手い!
e0026989_19262312.jpgボクシングの前東洋太平洋フライ級チャンピオンで19歳のホープ、亀田興毅(協栄)は26日、さいたまスーパーアリーナで前世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王者ノエル・アランブレット(ベネズエラ)とノンタイトル10回戦を行い、7回終了TKO勝ちした。亀田の戦績は9戦全勝(8KO)となった。

亀田が序盤から優位に試合を進めた。7回に強烈なボディーブローを浴びるなどダメージが蓄積したアランブレットが棄権を申し出て8回開始のゴングに応じなかった。


強い、そして上手い。ビッグマウスとは裏腹にファイトは非常に冷静で、若さと勢いだけで勝っているわけではないことが見ていて分かるほど。

どこまでいくかな?

楽しみですね。
[PR]

by suyak | 2005-11-26 19:33 | スポーツ