ロードスター

11/9<水>
日本カー・オブ・ザ・イヤー
e0026989_20141695.jpgマツダの小型オープンスポーツカー「ロードスター」(排気量2リットル、2人乗り)が「2005-2006 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。マツダ車の受賞は23年ぶり。

7年ぶりにフルモデルチェンジした「ロードスター」は軽量化(1090-1100キロ)を達成しながらバランスの高い走りと高剛性を実現したことが評価された。

選考は評論家やジャーナリストなど60人の委員が、04年11月から05年10月にかけて国内で発売された45車種を対象に投票。

ロードスター開発主査の貴島孝雄さんは「1グラム単位の軽量化と低価格化(260-275万円)のバランスが難しかった。車を運転する楽しさを見直してもらうきっかけになれば」と喜びを語った。
【※ライブドア・ニュースより】

オープンカーが選ばれたのは初めてなんだとか。

欲しい! カッコイイ!! おめでとう!!!


そのほか、特別賞にはホンダ「シビック」とスズキ「スイフト」が、輸入車賞には「BMW3シリーズ」が選ばれている。

「スイフト」良かった!

「シビック」…う~ん。。。

「BMW」…よく分かりません。(^^;
[PR]

by suyak | 2005-11-09 20:24 | Spike(クルマ)