仏暴動

11/6<日>
暴動、沈静化せず
先月の27日にパリ郊外で発生し、フランス各地に飛び火した若者らの暴動は5日夜から6日未明にかけ、フランス南部の地中海沿いのリゾート地のほかパリ中心部にも拡大。報道によると、全国で車両600台以上が燃やされ学校も放火されたほか、70人近くが拘束されたらしい。暴動沈静化の兆しはなく、観光への影響も深刻さを増しそうだ。

一連の騒動は、10月27日夜にセーヌサンドニ県のクリシーで、警察に追われていると思って変電施設に逃げ込んだアフリカ系2少年が感電死した事件が発端。その後、サルコジ内相の『クズ』発言をきっかけに拡がったとされる今回の暴動は、移民問題、人種差別、失業、貧困、宗教などフランスをはじめ主要なヨーロッパ諸国が昔から抱えている問題が要因なだけにその根は深く、根本的な解決にはかなりの時間を要しそうだ。

少子化が叫ばれる我が日本も実は対岸の火事ではなく、移民対策や宗教問題など今からしっかりと対応を考えておくべきであろう。

この暴動、果たして収まりを見せるのだろうか。。。

e0026989_165268.jpg

[PR]

by suyak | 2005-11-06 16:59 | 世の中のこと